漁師の街で育まれた
南の果てのニッポン旅館。

はるか昔、房州安房乃国(ぼうしゅうあわのくに)。
多くの画家や詩人を惹きつけてやまなかった風光明媚な海辺の小さな漁師町。魚の行商が構える「蔵」が無数に点在していたこの町はいつの頃からか「千倉」と呼ばれ、多くの旅人が集まったといわれています。時は流れ、“南房総”と名を変えたその国は、花と海の大自然、温泉と美食の癒しを堪能できる楽園として広く知られるようになりました。

Recommend plans
おすすめプラン

Instagram